中学受験における追加募集について

中学受験における追加募集中学受験を目指す子は、小学3,4年生の頃からその準備に入ります。そのほとんどの子は私立入試の専門の塾に入り、そのカリキュラムの元、数年かけて受験に対応できる学力をつけて行きます。多くの私立は、高等学校が附属です。なので高校の受験はありません。その期間、クラブ活動を続けることが出来たり、様々な行事に参加できる良さもあります。小学校高学年の時期にしっかりと学力をつけて希望の中学に入ることが、その後の学生生活がより有意義になるものとして、中学受験を希望する家庭が多くなっているのです。中学受験は子ども本人のみの努力で合格するのは難しいです。家庭での両親のサポート、兄弟の協力、塾の力が加わって、合格への道へ進んでいくものです。勉強の面はもちろん、精神面での大きなサポートも必要です。特に受験前になると、ナーバスになる子どもは多くいます。そのため入試で思い通りの力を発揮できずにいる子もいます。また、冬の寒い時期ということもあり、病気になってしまって受験自体を欠席してしまう子もいます。それでも、あきらめてはいけません。学校にもよりますが、追加募集をするところもあるのです。特に東京には追加募集する中学は結構あります。その情報は親がいち早くキャッチして、その手はずを整えることが必要です。チャンスは一度ではないことがあるのです。最後の最後までそのチャンスを逃さずに、しっかりと戦わせるサポートをすれば、きっと良い結果が待っているはずです。